コロナ情報画像

本文へ移動する

出勤者数削減の取組について(依頼)

 このたび、札幌市が新型インフルエンザ対策特別措置法に基づくまん延防止等重点措置区域に指定されたことから、道及び札幌市の対策本部会議において、札幌市内を対象区域として、「経済団体と連携し、時差出勤等をはじめ、テレワークや休暇の取得促進により、接触機会の低減について、一層の徹底を図る(目標:札幌市内において出勤者数の7割削減を目指す)」こととされました。
 本会会員組合の皆様におかれましては、特に札幌市内の事業所について、勤務時間の短縮なども含め、さらなる取組の拡充を検討するなど、目標の達成を目指し、取組を一層徹底していただきますようお願いいたします。なお、その他の地域の企業につきましても、札幌市内の感染状況にご留意いただきながら、地域における感染拡大の防止やウィズコロナでの新しい働き方を実践する観点から、テレワークや時差出勤などを推進していただきますよう併せてお願い申し上げます。 

  1. 目標
    札幌市内の事業所においては、出勤者数の7割削減を目指す
  2. 取組期間
    令和3年5月31日(月)まで
  3. 取組内容​
    上記目標に向けて、下記の取組を一つ以上実施する。
    ・テレワーク(在宅勤務、サテライト勤務、モバイルワーク) ・時差出勤
    ・フレックスタイム ・ローテーション勤務 ・休暇の取得促進
    ・その他出勤者数削減につながる取組
ページのトップに戻る

北海道中小企業団体中央会ロゴ

〒060-0001 
札幌市中央区北1条西7丁目 プレスト1・7ビル
TEL:(011)231-1919 FAX:(011)271-1109

Copyright c 2018 Hokkaido Chuokai All Rights Reserved.